離婚の原因が妻の浮気でも、父親が親権を得られるとは限らない

離婚の原因と親権の問題は別物

離婚の理由が妻の浮気だった場合、夫側からしてみれば「浮気をするような母親に子供は任せられない!」と思うのが一般的だと思います。

しかし、妻の浮気により離婚に至ったとしても、父親が親権を得られるとは限らないのです。

親権を決定する際に一番に考えられるべきものは「子供の幸せ」です。

優先されるのは子供が離婚後も安定した生活を送られるようにする事なので、離婚の原因と親権の問題は別の物として考えられます。

重要視される点

それはまず、子供に対する愛情の深さです。
子供と過ごした時間の長さなど客観的に判断され、浮気をしたからといって、子供に対する愛情が薄いとは言えないと考えられる傾向にあります。

また、子供の年齢も考慮の対象になりますが、幼なければ幼いほど、母親が必要だと考えられ、母親に有利になります。

経済的に余裕があるかどうかも、大切な事ですが、養育費という形があるので、親権者を決めるにあたっての決定的な理由にはなりません。

まとめ

このような理由で、妻の浮気で離婚したからといって父親が親権を得ることが出来る、というわけではないのです。

このページの先頭へ