浮気の証拠を掴んだ場合、請求出来る慰謝料はどのくらい?

浮気の証拠を掴み、相手に慰謝料を請求する時の相場は、大体300万円前後です。

しかし、これは、必ずしもこの金額を請求すれば受け取れるというわけではありません。
多くなったり少なくなったりと、状況によって違います。

なので、大体100~500万というのが一番参考になる額ではないでしょうか。

この慰謝料額の開きは、現在の夫婦関係や交際期間などを鑑みて金額を決めることから生じます。

たとえば、浮気相手が、配偶者や婚約者がいることを知らずに不貞行為があったとしても、浮気相手に非はありません。

これは、強姦や関係の強要で始まった場合でも同じです。
その場合は慰謝料を請求しても棄却されます。

そして、婚姻関係が破綻していたり、別居をしている場合や
既に配偶者が浮気相手の慰謝料も含めた額を支払った場合も同じです。

逆に、慰謝料が高額になる場合は…

配偶者が浮気相手と同棲していたり、交際期間が長期間継続されていたり
共同貯金の使い込みが発覚した場合は、相場にプラスされることが多いです。

なので、浮気の証拠を掴んだら、すぐに慰謝料請求に踏み切るのではなく
まずは配偶者と話し合い、浮気のきっかけ(どちらから誘ったか)や期間や不貞行為の回数などを尋ねてください。

その際に、必ず話し合いは録音か録画してください。
そして、配偶者を同席させずに浮気相手にも同様の質問をしてください。

話に相違がないか、事前に浮気がばれたときの打ち合わせをしていないかなどを確認しましょう。

そのときに、浮気の証拠を全て相手に見せるのではなく
一部だけ見せるようにすれば、矛盾があった場合に気づきやすいです。

制裁を加えたい気持ちはわかりますが、まずは落ち着いて状況を判断し、慰謝料を請求しましょう。

また、1人で処理するのではなく、弁護士に依頼する手段もあり、こちらの方が賢明と言えます。

まずは、弁護士にも提出できる決定的な証拠取りを行ってくれる
プロの浮気調査探偵に依頼し、確実に有利な立場を築きましょう。

このページの先頭へ