慰謝料請求が認められる場合と認められない場合の違いとは?

離婚についての相談で多いのが
相手の浮気が原因による浮気の場合の慰謝料はどうなるのかという点です。

…というのも、浮気が原因で離婚した夫婦を見てみると
慰謝料がもらえたケースもあれば、もらえないケースもあり
裁判によってまちまちだからということが挙げられます。

これは、何も慰謝料請求の明確な規定がないからと言うわけではなく
浮気の確固たる証拠を裁判で証明できたかどうかの違いと思った方がいいでしょう。

たとえば、いくら妻が夫の浮気を主張したとしても
証拠を提示できなければ浮気による離婚にすらないのです。

裁判所はあくまで法律に則った判決を下すわけですから
感情でいくら訴えても判決が有利になることはほぼ難しいといえます。

そのため、確実に慰謝料を請求したいのであれば
相手の浮気の証拠を事前に集めておくことが重要になってきます。

たとえば、肉体的関係を連想させる場所へ
浮気相手と二人で入っていく写真ですとか動画になります。

また、あなたが残しておける証拠として採用されるものに日記があります。

日々の家庭の様子や相手の様子を書きとめておくことで
のちのち証拠として有利になるケースがあります。

一口に「浮気の証拠をおさえる」といっても
相手の浮気のしっぽはそう簡単に掴むことは出来ません。

まずは自分ができることからはじめてみてください。

また、慰謝料請求は、何も裁判で勝ち取るものだけではありません。
話し合いや合意の元の慰謝料という解決方法もあります。

特に、話し合いによる離婚の場合
相手も納得した上で支払うことを約束してくれたわけですから
その後の支払いをきちんと行ってくれることが多いようです。

そのため、旦那の浮気がどうしても許せなくても
そこはぐっと我慢して、話し合いによる解決を模索してみることも
あなたにとって良き判断と言えるかもしれません。

まとめ

慰謝料請求が認められる場合

裁判で浮気の証拠をしっかり提示できた場合
話し合いによる離婚で、相手にきちんと慰謝料支払いの約束をしてもらえた場合

慰謝料が認められない場合

裁判で浮気の証拠を提示できない場合。証拠が確かなものでない場合。
慰謝料支払いに関してきちんと話し合うことなく離婚した場合。

自分ができることとして

日記などその時その時の相手の様子を細かく書き残しておく。
※相手にその日記を見られては本末転倒です。注意が必要です。

浮気調査探偵料金なびからのご提案

自分の力だけで浮気の決定的な証拠をおさえることは大変困難です。

浮気の証拠をおさえることに失敗した場合の失望感や
調査する間の精神的、肉体的な労力を考えると…

圧倒的に信頼できる探偵社に浮気調査の依頼を行ったほうが良いかと思います。
後に相手から支払われる慰謝料で調査料を払うことも可能になってくるかと思います。

自分の悔しい思いをしっかり晴らし
これからの人生を前向きに歩んでいくためにも
一度、探偵社への浮気調査依頼を検討してみることをお薦め致します。
※まずは無料相談から行えますので安心です。

このページの先頭へ